« ☆感謝祭☆ ~その2~ | トップページ | TV放映(^^) »

2007年10月11日 (木)

☆衣裳紹介☆

うのチーフがご結婚式&感謝祭にて着用されました、和装&ドレスを全て細かく
ご紹介致します(^‐^)

① 神前式で着られた白無垢☆
07108nakamura_0221 Crw_36821

古式ゆかしき伝統のある白無垢に西洋の柄や生地を組み合わせ、
シルバーラメのレースと大きなバラの刺繍は、統一性を出す為
色をあわせたデザインに仕上げました。
細かいレースを織りで表現するのに、とても苦労しました…。
07108nakamura_0081 07108nakamura_0131

綿帽子や着物のふちに、レースやピンクでアクセントをつけている所が
とっても新鮮な一着!
お式では、特別に綿帽子の上に大輪のバラを飾っちゃいました♪

② 感謝祭での1着目はWedding Dress☆

フランス製シルクサテンとビーズ刺繍付きの上質なリバーレース生地を使用。
前身頃にはリボンが3つ並んでいて、ハートやリボンのモチーフは可愛らしい
イメージですが、上質な生地を使用しているので高級感を漂わせています!
00219cv62071 Diamond_2421

バックスタイルの腰部分には大きなリボン、トレーン部分にはアイボリーの
濃い色目の刺繍でふちをとった、うのチーフデザインのくりぬきハートが
大きなポイント!!
00219cv62331

ボリューム感ある、ビックラインのシルエットです☆

③ お色直しは黒引振☆
07108nakamura_0871 07108nakamura_0941

ハート地紋の正絹に、大小のうのハートとリボン、さらにヒョウ柄を
京友禅であしらったインパクトのある引振袖。
ハートの大きさや色の組み合わせ、着物を引き立たせる全ての小物にも
細部までこだわり、“におい袋”までハート型のデザインにした程、
うのチーフのこだわりがたくさん隠れています!
リボンのデザインを良く見ると、小さなハート柄のリボンを結んでいるんです。
細かい友禅の作業は職の技です!!

そしてお花が咲いているように見える帯結び。
07108nakamura_0931

こちらは、着付けの先生が『お告げが降りてきたの!!』と言って、
こちらの結い方を考えられたのです!
新しい帯結びの発明です!!
なのでまだ、名前も付いていないんですよ(^^)/
凄く綺麗♪

④ ファッションショー 1着目☆

なんと、2001年12月発表 第一回Scena D'unoドレス作品なんです!
7年前の作品です!!!
Diamond_2241 Diamond_1971

発表当初、カラードレスにヒョウ柄のデザインとはブライダル業界
始めての事だったので、大好評♪

今までにない、新しいカラードレスの旋風を巻き起こした1着です☆

⑤ ファッションショー 2着目☆

こちら感謝祭の為にデザインしたカラードレス!
19cv64381_2

黒生地にピンクの水玉プリントを施したシルクタフタの生地を使用。
また、チュール・プリーツチュール・シルクジョーゼットと異素材の生地を
何種類も組み合わせ、水玉プリントのピンク・リボンのピンク・リバーレースの
ピンクと、ピンクの色を納得いくまで何度も色見本を作成した程、
とてもこだわりの1着♪
アクセントに付いているピンクのリボンは、“緩まない・取れない”がポイント!

そしてなんと言っても帽子!!
19cv6429 19cv64301

つばの大きさ・形をどのようなラインにしたら綺麗に見えるのか!
重い雰囲気にならないか!など、凄くこだわりましたっ。

⑥ ファッションショー 3着目☆

こちらも感謝祭の為にデザインし、ファッションショー最後&お色直し再入場の
ドレスです。
19cv64611

ピンクとパープルの微妙なカラーのぼかしを手描き一つ一つ手間を掛けて仕上げた
シルクサテンがとても美しい印象です。
そのしなやかなシルクサテンを贅沢に使用し、無地のパープルと絶妙なバランスで
組み合わせた、高級感溢れる上品なマーメイドドレス。
Diamond_3081

美しい最高級のフランス製リバーレースを重ね、美しいシルエットをデザインし、
バランス良く大きいリボンを施したのがポイントの1着です♪

では最後に秘話を1つ(^^)♪

実は、『お色直しで席を立ってばかりいるのは、お越し頂いている
お客様に失礼になるので、あまりお色直しをしたくない!』と言うのが、
うのチーフの本音だったのです・・・。
ですが、私達スタッフがたくさん着て欲しいとの希望を言った為、
『じゃ、お色直しをファッションショーで行ってしまおうっ!』と、
うのチーフの提案で感謝祭の一部にドレスファッションショーを行ったのでした♪♪

|