« ☆ ミニうのちゃんスロット ☆ | トップページ | 6月3日New Collection 裏側 »

2008年6月23日 (月)

6月3日Scena D'uno New Collection ~Japanese Style Show~

6月3日に行いましたScena D’uno新作コレクション・ドレスショー編に続きまして、
和装ショー編”をご紹介致しますhappy01
_mg_4497
今回で4回目の発表となった新作和装は、『古の美意識と現代のモダニズムの融合』を
発表sign03
華やかで愛らしく、そしてエレガントな和装コレクションとなりましたconfident

ドレスと同様に和装ショーも午前・午後と2回行いました。
トップバッターでうのチーフがランウェイに現れ、会場全体にびっしりと埋まった
お客様(バイヤー)からの拍手喝さいでショーがスタートし、
全部で16型24着の新作和装をお披露目致しましたsign01

【1着目 打掛:SD-4004(黒
_mg_39241 _mg_39191
_mg_45261 _mg_65931
ハート地紋の正絹を、まるで炎が燃え立つような印象の黒から真赤にぼかし、
更に、様々な箔加工で表現したハートを散りばめた迫力がある色打ち掛け。
掛け下にも共柄を使用し、ScenaD'unoらしいこだわりで打ち掛けとは逆の
真赤から黒のぼかしに。

【2着目 打掛:SD-4002(パープル
_mg_47151 _mg_47291_2
_mg_47401 _mg_47521_2
美しい光沢の緞子地に友禅で、パープルからピンクのグラデーションに
浮かび上がるように大輪の白百合とピンクの薔薇をゴージャスに描き出し、
ラメ箔の刺繍で輝きを添えたエレガントな一着。
優しい色合の掛下や小物使いでノーブルな美しさを表現している1着。

そしてドレスショーへスペシャルゲストとして出演頂きました“塚本高史さん”に、
イメージモデルをして頂いている弊社(㈱クラウディア)のForte Kuraudiaの紋付袴
着用頂き、和装ショーへもゲスト出演して頂きました^^
【1着目 紋服:MFK0030(黒
_mg_39351 _mg_45681
和の正統を美々しく織り上げた紋服。
羽織の黒漆箔のさりげない輝き、無限につながっていく七宝繋ぎが吉祥をあらわし、
和の婚礼にふさわしい1着。袴の華菱が美しく金色に輝き凛々しさもひとしおです。

【2着目 和装:MFK0017(白
_mg_46861 _mg_46741
王朝文化の後、武士の衣裳として発展したのを現代調にスマートなイメージにアレンジ。
金通しのさりげない輝き、あえて和のタトゥーモチーフを背中と両袖にほどこし、
タトゥーの文様を刺繍ではなく繊細で存在感のなる織で贅沢に表現いている1着。

_mg_68601 _mg_47921_2
2回の和装ショーも無事に終わり、『良かったよ!おめでとう♪』と花束を頂いた
お二人でしたhappy02
ドレス・和装ショーとも各2回ずつ合計4回のショーを行い、そして最後の和装ショーが
終了した時は、うのチーフ、塚本さんとも一番の笑顔を見せられていましたheart02
_mg_47951
うのチーフ、塚本さん、1日中本当にお疲れ様でしたconfident
お客様(バイヤー)も私たちスタッフも魅入ったショーでしたheart01

そしてこちらは記者会見での、うのチーフと塚本さん。
Cimg00951 _mg_40881
_mg_66421 Cimg00921

*2008年6月発表和装は、2008年の年末頃にドレスショップや貸衣裳屋、ホテル等への
入荷予定となっております。
詳しくはお近くのショップenterへ直接お問合わせ下さいませ。

|