« New Dress Collection ~舞台裏~ | トップページ | ☆打ち上げ☆ ~6/2 New Collection~ »

2009年6月19日 (金)

New Japanese Traditional Style Collection ~舞台裏~

先日New Dress Collection舞台裏をご紹介致しましたが、本日は和装コレクションの
舞台裏をご紹介致しますflair
ドレスも短い時間の中でのチェンジはとても大変なことですが、和装はそれ以上に
着る側も着せる側も本当に大変dashdashdashsign03
でも、ランウェイではその大変さを微塵も感じさせないショーが皆様に披露されますhappy01

まずは今回初めてデザイン&お披露目致しました“十二単・水干”から、
和装ショーの幕があがりましたupshine

Cimg60371
こちら舞台袖から撮影。

2着目の打掛へお着替えし、舞台袖にて着付けの笹島先生(左)と
ヘアーメイク(右)の最終チェックsign01
Cimg60451 Cimg60461
和装ショー2回目の裏側に密着しましたが、モデル・スタッフ達は全員バタバタと
常に走っている程、時間に余裕がありませんっcoldsweats02sweat01sweat01sweat01

Cimg60471_2 Cimg60501
お客様から完全に見えなくなる舞台袖の階段の下まで、ポーズを崩さないチーフshine
完全に見えない所まで気を許さないチーフはとても美しいかったですっheart02

こちら↓、舞台袖で何しているかと言いますと、、
Cimg60401
以前「New Collection 展示会場」ブログで紹介しました、太陽光を浴びると、
特殊糸で刺繍したカサブランカの中心部分の刺繍がグリーンにかわる白無垢。
それを特殊な紫外線(人体・着物に影響ありません)を太陽光の代わりに
あてている所ですflairsign03

そして、こちらの美しく豪華な白無垢をほしのさんに着用頂きましたconfident
Cimg60511 Cimg60531
舞台袖にてギリギリに白無垢を羽織ったので、着付けの先生2名とデザイナースタッフ
2名、計4名で着付け&整えて行きますsign01

左)刺繍糸が浮き出るように、自ら特殊な紫外線(人体には影響はございません)に
     当たっていてくれたほしのさんhappy02heart04
Cimg60551 Cimg60591
右)着付けの先生2名、ドレス・和装共にほしのさんの担当をさせて頂いた
     Scena D'unoスタッフと一緒にパチリscissorsshine

Cimg60561 Cimg60581
和装ショーの最後の衣裳“和装ドレス”にお着替えをし、白無垢を着用してランウェイへ
出て行くほしのさんを後ろから見守っていたチーフheart02(左)
Scena D'uno立ち上げからチーフと共にブランドを支えているデザイナースタッフと
一緒にcamerashine(右)

Cimg60631 Cimg60641
ショーの最後に、チーフ、スペシャルゲストのほしのさんのランウェイ登場で、
無事にフィナーレを迎えましたheart01

Cimg60661
お客様からの盛大な拍手に、深々とお辞儀をされたお二人confident

Cimg60691
コレクションショー最後の和装ショーが無事に終了し、安堵の表情で二人とも
喜ばれていましたheart01heart02heart01
ドレスショー2回・和装ショー2回、計4回の長い長い丸1日、本当にお疲れ様でした~note

|